回収された YEEZY モデルの在庫が原因で adidas は約1,690億円の損失に

〈adidas〉の次なる一手にも注目

★入手困難★ YEEZY BOOST 350 V2 CLOUD WHITE REFLECTIVE コピー

■商品名
YEEZY BOOST 350 V2
“CLOUD WHITE REFLECTIVE”
■商品説明
Kanye West(カニエ・ウェスト)とadidas Originals(アディダスオリジナルス)によるコラボフットウェア YEEZY BOOST 350 V2(イージーブースト 350 ブイツー)から、新色 “Cloud White Reflective(クラウドホワイトリフレクティブ)”になります。
純白ではない淡い水色と淡いグレーカラーのグラデーションカラーで「雲」を思わせる新色「クラウドホワイト」に光を反射するリフレクティブモデル。
ソールには高い耐久性と衝撃吸収性を備えた「BOOSTフォーム」を搭載しており、歩き心地・履き心地・デザイン全てを兼ね揃えたスニーカー 偽物サイトとなっています。

2022年10月に正式にパートナーシップを解消した〈adidas(アディダス)〉とKanye West(カニエ・ウェスト)および〈YEEZY(イージー)〉。Ye(イェ)のラインは〈adidas〉の中でもトップクラスの稼ぎ頭であったため、両者の経済的な影響は、破局直後から報じられてきたが、〈adidas〉の2023年の売り上げ予測にも大きな影を落としている。

『The Business of Fashion』によれば、回収された大量の〈YEEZY〉モデルを売らずにそのまま在庫としてキープした場合、2023年の売上高が約12億ユーロ(約1,690億円)減少、営業利益が約5億円(約704億円)減少する可能性があるという。これにより同社は、2023年に(通貨の為替変動の影響を除き)一桁台後半の売り上げ減少を見込んでいる。

0 thoughts on “回収された YEEZY モデルの在庫が原因で adidas は約1,690億円の損失に

  • まず、ジョーダン1 スパイダーマンの偽物は、外見やデザインにおいて本物とほとんど区別がつきません。素材や縫製も非常に良いものがあり、一見すると本物と見分けがつかないことがあります。しかしながら、価格帯は本物よりも格段に安くなっています。

  • 【ハイブランド限定】今季の主役となるレースアップブーツの着こなしポイントオススメをご紹介☆ より:

    今季のトレンドワードとして度々名前が上がっているコンバートブーツ。アーミーな印象を上品なスタイルにミックスさせるテクニックが最も旬な着こなしで、上級者はスラックスや細身のボトムスと合わせています。大人な着こなしにもコンバットブーツは映えるので、今季の鍵となるアイテムは獲得必須です!

  • 足元まで抜かりなく仕上げるのは大人女子の鉄則。2023年春夏はリラクシーなフラットサンダルやプラットフォームシューズが流行中です。ラグジュアリーなクラス感を演出する名品を、憧れブランドからご紹介します。

  • ボリュームたっぷりで存在感抜群な「厚底ブーツ」が今季のトレンドアイテムとして注目されています。取り入れるだけでグッと今どきのスタイルが叶う厚底ブーツをレースアップブーツ/サイドゴアブーツ/フロントジップブーツの3モデルに分けてご紹介します

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

旅行にぴったりの靴の热门排行榜
カテゴリー
最近の投稿
最近のコメント
2024年5月
« 4月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
アーカイブ
タグ